スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昭和30年の歴史教科書の「研究課題」を解いてみよう!2 ~古代編~
 「教科書は面白くない」・・・のは「定説」のようですが,「○○は面白くない」という表現の仕方が,「面白さ」とは何か?を考える上で,とても大切なものになっていることに気付かされます。

 AをBが「面白い」と感じるとき,その主な原因はAにあるのか,Bにあるのか。

 これをAにあると考えるのが常識でしょうが,もし仮にBに主原因があったとしたら,それはどんな理由からでしょう。

 私自身は野球というスポーツは面白いと感じますが,新体操というものは面白いとは思わない。

 こういうケースの事情はよくわかると思います。

 問題は,野球をよく知っている人が,野球について書かれた本を読んで,「この本は面白くない」と言った場合です。

 Aのせいではなく,Bのせいだという主張が可能であるかどうか。

 ・・・余計なことを書きました。

 古代の「研究課題」とは何でしょう?

 歴史的な内容の学習で,中学生が,「なぜ法律が必要か,論文を書く」・・・そういう時代に戻ることはあるでしょうか。

 1.神話にあるおもしろい話をひろって,その意味を考えて
  みること。
 2.国土が統一されたなりゆきについて話しあうこと。
 3.このころの大陸に関係する年表をつくること。
 4.近くの古墳を見学して,それをつくるのに要した人手や
  日数を考えてみること。
 5.いろいろな苗字を集めて,この時代の氏や部に関係の
  あるものをぬきだすこと。
 6.世界の文字の起りを調べること。
 7.古事記の序文を,先生に読んでいただくこと。
 8.世界の仏教国の分布図をつくること。
 9.聖徳太子の事業を,年表にまとめること。
 10.伊東忠太著「法隆寺」を読むこと。
 11.聖徳太子の政治は,望み通りにいったかどうかを研究
   すること。
 12.税はなぜ納めるか,話しあうこと。
 13.なぜ法律が必要か,論文を書くこと。
 14.山上憶良の貧窮問答歌を先生に読んでいただくこと。
 15.世界の略図をえがき8世紀ごろのありさまを記入する
   こと。
 16.正倉院御物の写真をあつめて展示すること。それは,
   8世紀ごろの世界文化の展覧会になるだろう。
 17.奈良時代に仏教のさかんになったわけを話しあうこと。
 18.仏教がさかんになった結果,どうなったか,討議する
   こと。
 19.万葉集のすぐれた歌を,国語の先生に選んでいただ
   き,味わうこと。
 20.奈良時代の特色をまとめること。
 21.京都の地が都として選ばれたわけを,調べること。
 22.都を移す理由について話しあうこと。
 23.このころの貴族の服装をえがき,その特色を書きだす
   こと。
 24.ミセやタナということばの意味を調べること。
 25.スライドや写真を展示し,国風文化のなりたちを示す
  こと。
 26.藤原氏のおとろえたわけを話しあうこと。

スポンサーサイト
テーマ:学習
ジャンル:学校・教育
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。