スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
藤田晋の成長学・生徒編10 席替えで腐る人へ
 第10回は「望まない異動で腐らないために」です。

 教師から見て「たいしたことではない」ようなことでも,生徒から見れば「大事件」になる可能性があるのが,「席替え」。

 「望まない異動→望まない席替え」とはちょっと無理な置き換えかもしれませんが,人によっては恐ろしいほどの「感度」で刺激を受ける話題なので,私見を述べたいと思います。

 「期待はずれ」と違って,「嫌な結果」「耐え難い結果」になった場合,次の日からどのように「精神の安定」を図っていったらいいのか。

 現実的には,たとえば「隣が嫌い」という場合は,「机を離す」という示威行為?に出る生徒もおり,教師の立場から言えば本当に「どうにかしてくれ」という問題です。(今は座席をすべて離している学校が多いかもしれませんが)

 「友だちから離れた」という場合には,授業中の手紙の往来が激しくなり,他の生徒に迷惑がかかるという場合もあります。あるいは,話してすんでいたものが,メールのやりとりに変わるかもしれません。

 「腐る」精神状態から脱却するために,様々な取り組みがなされるわけですが,まずは自分で考え得る方法をすべて試してみることでしょう。

 さすがに私も今まで勝手に場所を移動するという生徒は見たことがありませんが,そもそもなぜ「席固定」という面倒くさいことをやっているか,そして,なぜ「席替え」が必要なのかというと,・・・・そう考えるとけっこうたくさん理由があるんですね。

 実際にみんなが自由に移動してしまってみたら,自分たちにも都合の悪いことがあるのが発見できるでしょう。

 そう考えているうちに,「成長できる人」と「成長できない人」の差に,ある程度は気付くはずです。

 たいてい,「成長できない人」は気付かないから成長できないのですが。

 単なる感情ではなく,物理的な理由で困った場合・・・たとえば,いつまでもおしゃべりが続いて授業に集中できなくなってしまう・・・こういうときは,足の引っ張り合いという形にならないように,平和的に問題を解決するという目標を掲げて,堂々と要求することですね。 

 とにかく,腐ったままでは自分が損するだけなので,「行動」することでしょう。

 望まない異動で腐っている社会人には,「とにかく結果を出す」ことが一般的なアドバイスになっていますが,席替えとそれをきっかけにした何らかの「働きかけ」「行動」でクラスの一部が変わり,「次の席替え」での「被害者」がいなくなったとしたら・・・それはクラスにとっての成長にもなるわけです。
スポンサーサイト
テーマ:学習
ジャンル:学校・教育
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。