スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「成功者」に学ぶときの留意事項
 「成功者」からのアドバイスを、普通、人は「有益」なものだと考えます。
 しかし、結果としてそれが「有害」なものになってしまうケースをよく目にしました。

 基本的に、学校での授業自体が、教師という「成功者」から直接指導を受けているものです。
 それにもかかわらず、「授業がわからない」という子どもはいるし、その「わからない」と感じる意識が、ますます「わからなく」してしまう。

 授業が「わからない」という子どもの多くは、「何がわからない」のかも「わからない」。
 「どこからわからない」のかも「わからない」。

 授業を受けた後の理想的な状態を、「何がわからない」のかが「わかる」ことにおく教科もあるかもしれませんが、その話はおいておくとして、「わからない・わからない」症候群になっている子ども(あるいは保護者)は、「わかる」ようになる特効薬を求めたがります。

 そこでの出番が、「勉強」「受験」を「成功」へと導く専門業者、ということになります。

 業者の方々のノウハウもここではふれずに、「成功者」に学ぼうとするとき、留意すべき点は一つ。

 「楽」にできそうな方法、「近道」に見えそうな方法を真似しても、簡単には「成功」しないこと。
 それが「楽」になり「近道」になるまでの苦しくて遠い道のりがなければ、基本的には「成功」しないことです。

 「成功者」が味わってきた苦労への想像力をはたらかせ、失敗に共感できる力を身に付けることが大切です。
スポンサーサイト
テーマ:学習
ジャンル:学校・教育
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。