スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昭和30年の歴史教科書の「研究課題」を解いてみよう! ~原始の時代~
  『中学の社会科 歴史的内容を主とするもの』(昇龍堂出版,昭和30年発行)という,今から半世紀以上前に発行された教科書の「研究課題」をご紹介します。

 中には,現在では表現が不適切だったり,課題自体に問題があったりするものもありますが,そのまま載せておきます。

 歴史好きの中学生(読んでいる人はいないか・・・?)は,ぜひチャレンジしてみてください。

 でも,こんなのがもしいつも宿題に出てたら,大変だったでしょうね。

 もちろん,授業でこんなことあったらいいなあ,というものも中にはあります。

 最初は5世紀くらいまでの歴史の課題です。
 

 1.日本列島の位置・地形・気候と生活の関係を話しあう
  こと。
 2.日本列島のまわりに住む人種の分布図をつくること。
 3.国語の先生から,日本語のなりたちについて,話を聞
  くこと。
 4.近くの貝塚や竪穴をたずね,そのようすを学級に報告
  すること。
 5.モールスの「日本その日その日」を読むこと。
 6.このころの少年のつもりで,狩りやすなどりについて行
  った日の日記を書いてみること。
 7.石器や土器の実物や絵を集めて,標本棚をつくること。
 8.部落の集会のありさまを想像した絵をかいてみること。
 9.原始人の信仰について,先生の話をうかがうこと。
 10.弥生式土器と縄文式土器とをくらべた表をつくること。
 11.大陸の古代文化について東洋史の本を読むこと。
 12.生産の発達と社会の変化について,討議すること。
 13.米食民族の分布図をつくること。
 14.地下の文化財をたいせつにする心がまえについて話し
   あうこと。

スポンサーサイト
テーマ:学習
ジャンル:学校・教育
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。