スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グループ学習のメリデメ
 「学び合い」の学習スタイルが学校で教育を行う上で「思いやり」「協調性」「助け合い」といった精神を養う上で意義があると考えている教師は(あるいは学校では)、教科等の学習の中で、グループ学習を実施する頻度が多くなります。

 グループ学習を実施する上でのメリットは、その他にも、

○楽しい雰囲気で学習できる
○みんなで取り組むのでやる気ができる
○緊張しないので学習に集中できる
○教師に質問しやすくなる
○できる生徒の優れた考えにふれられる

などの学習効率を高める効果があるのですが、以下のようなデメリットがあることも十分認識した上で、指導者としても学習者としてもうまくコントロールしながら学習を進める必要があります。

●他人に頼りすぎるようになる
●学習に関係のない話をし出す
●意見や考えの食い違いが出る
●できる人だけで進んでしまう
●参加しない人への不満が高まる
●消極的な人は参加しにくい
●学習自体ははかどりにくい

 どのような学習内容がグループ学習に向いていたり、向いていなかったりするのか。
 どのような学習者にとって、グループ学習に向いていたり、向いていなかったりするのか。
 見極めが大切です。
スポンサーサイト
テーマ:学習
ジャンル:学校・教育
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。