スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
藤田晋の成長学・生徒編15 促成栽培の教育
 第15回は「効率よりも場数が能力を決める」です。

 理論の理解と実戦の経験、それが組み合わされることで効果は最大になるのでしょうが、理想的には、実戦を経験しながら自ら理論を作り出していくことです・・・・何ていっても、中学生には「何のこと?」と思われるかもしれませんが・・・。

 小中学生が、「分からないこと」への耐性を失ってしまったのは、何でも「効率重視」というプレッシャーを与えてくる社会環境の影響でしょうか。

 苦労して得たものは手放しがたく、簡単に手に入れたものはそれを失うことに痛みを感じない・・・学校で身に付けるものというのは、そういうものではないのでしょうか。

 もし中学生の皆さんが、「野菜の促成栽培」のように育てられていると実感したら・・・学校や塾での「前倒し学習」のことですが・・・「自分は高く売れて満足だ」という結論に達するのでしょうか。

 皆さんの「市場価値」と、一昔前の「ど根性大根」・・・アスファルトの裂け目から生えている野菜がときどき報道されましたが・・・のようなものの価値と、どちらをどのように評価するのか・・・そういう人間観にもかかわってくる問題なのかもしれません。

 いつからでしょうか。

 子どもたちが、「テストに出そうなこと」に目を光らし、それをひたすら暗記するような姿を見るようになったのは・・・。

 人間は、これほど簡単に「誘導」されていくものかと、深々と実感されられるのが、教師という仕事の一面です。
スポンサーサイト
テーマ:学習
ジャンル:学校・教育
藤田晋の成長学・生徒編14 スタート地点は「同じ」「平等」ではない
 第14回は「入社段階で既に差がついている」です。

 中学生にとって,「高校受験」というのは人生の中で大きな「節目」の一つでしょう。

 それを「中学受験」という形で,小学生のときにも経験する子どもも増えていますが。

 入学試験を突破して高校に入ったとき,「隠された順位」=「学校側しか知らない順位」というものが存在することは分かりますよね。

 高校によってかもしれませんが,入学時の順位と,その後の順位を比較・検証しているところがあるでしょう。そのデータから,どんなことが分かっているのでしょうか。

 学習についてだけですが,入試の得点とその後の得点,順位の推移は,だいたい相関関係にあるものでしょうか。

 もちろん「急上昇」「逆噴射」のような人もいるでしょうが。

 もしその相関が非常に一般的なものであるなら,「下位」で入学した人は,いつまでも「下位」のまま・・・ということは,入試得点や順位を知ることが,モチベーションの低下に結びつく人が少なからずいるということです。

 このような「差」は,サッカーの得点のように,そう簡単に逆転できると信じることができないか,物理的に?逆転が不可能であるものかもしれません。

 しかし,この「差」をしっかり認識して,それを「縮める」べく努力する姿勢が重要であることを藤田社長は示しています。

 「差」があるからこそ「縮める」「抜き去る」喜びが味わえる・・・そういう発想が持てることが大切だということです。

 以上のことは,「結果が重要である」企業社会では特に理解しやすい話なのでしょう。

 これが,教師がつくる学校社会だと,「過程が重要である」という理屈に走っていく傾向があります。

 そういう意味では,学校で働いている教師集団によって,「既に差がついている」ことを幸福に(あいるいは不幸に)感じていただく必要もあるでしょう。
テーマ:学習
ジャンル:学校・教育
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。