スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
藤田晋の成長学・生徒編8 対立すると自滅もある
 第8回は「ダメ上司は『褒め殺し』でうまく使おう」です。

 Aさんは,「○○先生はダメ教師」だというような噂や直接的な会話を聞いたことがあるでしょうか。

 それとも,自分がそのような感想を持ったことがあるでしょうか。

 よく,小学校の場合は担任が決まるとき,「くじのようなものだ」と表現されますが,これは大人の世界でいう「当たりはずれがある」ことを踏まえた言い方ですね。

 子どもにとっての「当たり」と親にとっての「当たり」が異なることもしばしば(たとえば,宿題を出さない教師の評価など)ですが,「ダメ教師」というのは,両者の評価が一致してしまう先生のことなのでしょう。

 小学校ではたとえば学級崩壊が起こると「担任交代」,中学校では「担任から副担任へ」という動きで対応される場合がありますが,なかには担任をはずれることで生き生きと先生らしさを取り戻す人がいるので,「ダメ教師」はいつもだれもがそう思っている,そういう教師のことではないのかもしれません。

 さて,それでも,

 指導力がなくて頼りない
 傲慢な態度で生徒の話や意見を聞かない
 気分屋ですぐに感情的になり生徒を叱りつける

 こんな先生に手を焼いている生徒がいたとしたら,藤田社長のアドバイスに耳を傾けてみましょう。

 もし大人の世界で,このような上司に出会ってしまったら,「腹をくくれ!」というのが第一声でした。

 上司を部下がコントロールできるわずかなチャンスは,「褒める」こと,「気分をよくさせる」ことだと言います。

 生徒の立場で,先生を「褒める」ことが難しいようなら,「何をすれば喜ぶタイプの教師なのか」をしっかり分析することです。

 中学生くらいだと,「先生が何で怒っているのか」がよく理解できない場合も多いかもしれません。

 まず,その原因をつかむことです。

 そして,何か改善してほしいことがあれば,公的な「話し合い」の場を確保する,ということです。

 教師たちには,決して否定できない原則があり,それが「生徒の自主性」です。

 「違反行為」をするという自主性は認められませんが,「違反行為の内容を検討する」という自主性は否定しにくいものです。

 こういう場を増やして,「理解し合う」ことの大切さ,そのための「コミュニケーション」の大切さを知ることができれば,成長への大きな財産になるでしょう。

 ごくまれに,本当に大変な教師がいたとして,たとえば

 「教師の上司=校長,あるいはさらにその上=教育長・教育委員会に相談する
 「仲間と手を組んで教師に対抗する

 という手段をとる人がいるかもしれませんが,法的に問題を起こしているのではない以上,それらの方法ではなかなかうまくいきません。

 効果があるとしたら,教師の同僚=他の(分かってくれそうな)先生に相談すること,仲間と手を組んで,教師とも会話を増やす・・・そんな方法でしょうか。
スポンサーサイト
テーマ:学習
ジャンル:学校・教育
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。