スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知の筋力強化ー3 翻訳
 政治家の言葉とか、行政の人間の言葉には、適切な「翻訳」が必要であることはよく知られているところです。

 「~については前向きに考えます」=「~についての要望をしっかりお聞きしたという態度だけ、理解してください

 「~については検討しておきます」=「~はできません

 教育の世界にも、通知表に「とても活発」と書かれていたら、「落ち着きがない」と読み取るべきかもしれませんし、「おとなしい」と書かれていたら、「活気がない」「消極的である」ことを暗に批判されているのかもしれないという想像をはたらかせる必要があります。 

 一方、全く同じ言葉を使っていても、相手が対象をどう捉えているかによって、その言葉のままなのか、皮肉で言っているのか、意味が180度変わってしまう場合もあります。

 同じ言語でもこうなのですから、ましてや異なる言語を「翻訳」して母国語で表現するとなると、何重もの「」が存在することになります。

 外国語には、「Madam, I'm Adam」という回文のように、原文のままでないと意味をなさないものもありますから、「翻訳」の限界、誤訳の可能性というものを認識しておく必要があります。

 言語の論理について学ぶことは、大学1年生くらいが一番適しているのでしょうか。

 それより若い世代の人には、「翻訳は難しいものである」という感覚よりは、「100%正しく翻訳することは難しいが、80~90%くらいはできてしまうことへの驚き」を大切にしてほしい、というメッセージがあります。

 これは、「言葉が通じない」ことへの不満よりも、「(意図しなくても)通じてしまう」ことへの恐れを抱いていた方が、本を読んだり、自分の言葉で表現したりという「知」の活動をする上では意味のあることであると解釈することができます。

 授業では、あまり聞き慣れない、概念的な言葉で多くが語られる印象を強くもつことがあります。

 こういう場合、自分の頭の中で「言い換え」を行って、「簡単に言えば、こういうことだ」「要するに、こうだ」という理解・解釈をする習慣を身に付けることも有効でしょう。

 ふだんの授業から、「知の筋力トレーニング」の材料はたくさん転がっているわけです。

 余談ですが、「わかりやすい言葉」で言い換えて説明してくれる先生というのは、この観点で言うと、「よくない先生」であるとも言えてしまいます。健康なのに流動食ばかり与えられていたらまずいですね。
スポンサーサイト
テーマ:学習
ジャンル:学校・教育
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。