スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先輩に学ぼう!得点力UP法2
 こちらで紹介しているテスト勉強の方法は、歴史が苦手で仕方がなかった→何とか得点UPをはかることができた・・・という人のものです。確認まで。

 ・・・・・Dさん・・・・・・
 まず、授業で分からないことが多くてかなり焦ったので、前よりたくさん勉強しました。
 授業も「分からない」と感じたときは、先生が言ったことを、頭の中で繰り返していました
 これは、歴史に限らないことで、分からないときはよくやります。集中力がもたないときもありますが、理解は普通に聞くよりしやすいと思います。(後略・・歴史の流れのつかみ方について)

 ・・・・・Eさん・・・・・・
 まず教科書を何度も自分で理解できるまで読みました
 それで、だいたいの流れをつかんで、もう流れを理解している人に、確認しました
 違うところは違うと教えてもらい、その場で整理しておき、流れを紙に書いてみたり・・・。
 隣の人にもお世話になって、本当に感謝です。
 今までの自分は細かい言葉ばかり覚えていて、流れをつかめてなくて・・・ともかくおおまかな内容を覚えてそれプラス細かいことを覚えておけばいいと思います。
 でもやっぱり一番は先生の話をよく聞くことです。

 ・・・・・Fさん・・・・・・
 私は、一言で勉強法といっても、それぞれ人に合った方法があると思います。だから私がここに書くものも、参考になって合う人もいれば、別の勉強法が合う人もいると思います。
 私の勉強法で一番中心になったことは、授業をとにかくよく聞き、いらない紙に先生が板書していないことも大事だと思うことはすべてメモして、後から復習すること。復習しなければ定着できないから、復習するときに流れがつかめるようにまとめること。
 慣れないうちは大変かもしれないけど、授業を受けるにつれ復習するときにわかる自分がうれしくなるし、勉強が楽しくなるのでトライする価値あり!
 次に私が大切だと思うことは、わからないことをわからないままにしないこと。すぐ先生に聞きに行く。
 最後に一つ、今回、点数が上がった一番のポイントは、「常に疑問をもつこと」。そして、疑問をもって終わりではなく、インターネット、先生、参考書を活用して、疑問を解決すること。
 何しろ、楽しくなることが一番です。ぜひ参考にしてください。

 「中学受験必勝の極意」をうたい文句にした本の著者も、「成績優秀者の勉強法を必死にまねしようとしたのは失敗だった」「自分に合う勉強法さえ見つかれば、頭の良い人にも勝てる」という趣旨のことを述べています。

 いろいろな方法を試してみる粘り強さが、得点力向上には必要なのですね。
スポンサーサイト
テーマ:学習
ジャンル:学校・教育
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。