スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知の筋力強化ー1 フィールドワーク
 「知の技法(東京大学教養学部「基礎演習」テキスト)」(東京大学出版会)第Ⅱ部「認識の技術」の最初の項目でこのフィールドワークが紹介されています(執筆担当:中村雄祐)。

 冒頭で,フィールドワークの魅力について,以下のように語られています。 

 

 何気ないささやかな差異の認識から出発して,それが,最終的には,世界史的な文脈を問うことにつながり,さらには,研究主体の文化的立場そのものすら揺らいでくるほどの衝撃になる。フィールドワークは,その意味で危険な,驚くべき出会いの場なのです。



 フィールドワークを特に重要な研究手法としている学問には,たとえば文化人類学があります。

 文化人類学という学問の世界では,たとえば研究対象としている地域に比較的長期間滞在し,衣食住をはじめとした様々な生活の様子,地域の文化などを調査することになります。
 そういう意味では,マラソンのように,「知の筋力」だけではなく,「知の持久力」も求められるのがフィールドワークです。

 フィールドワークは,図書館などでの調査と異なって,たとえば自然条件や政治状況の変化などによって,ときとして思い通りに調査を進められない事態に陥ることが予想されます。
 そのような場合に臨機応変に対応できる力も求められるのがフィールドワークという手法の特質です。 

 フィールドワークによって意義のある研究成果を生み出すために,以下のような専門の研究者の言葉も胸にとどめておく必要があるでしょう。

 

実際に,(フィールドワークで)驚くためにはある程度の知識,経験も必要です。最初のうちは「なんか妙だな?」とちょっと引っかかる程度のことだったのが,いつのまにか恐ろしく手強い問題に化けていたり,ということもあります。そうなると,問題自体,もはやフィールドワークの枠内で論じ切れるものでもなくなり,フィールドワークが終わった後も研究者にずっとついてまわることになるのです。



 全くの無の状態からフィールドワークを始めることはまずありません。

 学校での「座学」の意義がよくわかる話でもあります。

 そして,「基礎」と「基本」の違いを説明できるエピソードにもなります。

 フィールドワークという研究方法は,学問(学者)の世界だけではなく,小学生や中学生にとっての「知の筋力強化」にも,非常に高い学習効果が期待できるものです。
 
 地図をもって知らないまちを歩く

 その準備として,まちの情報をのせた資料や,そのまちの地図から読み取ることができる情報をあらかじめインプットし,フィールドワークを実施する目的・問題意識をしっかりもつ。

 このときに,そのまちの特殊性や課題を資料や地図から読み取れる技能がなければ,そもそもフィールドワークが「行き当たりばったり」のものになり,可能性としてはかなり低い「現場で課題に気付く」ことにかけるしかなくなってしまいます。

 ただ地図をもって歩くことが「フィールドワーク」ではありません。

 「基礎学力」には,地図から情報を読み取ること,地図を使って目的地にたどりつけることなどの学習技能が含まれます。

 基礎がなければフィールドワークの「基本」的な学習が成立しません。

 学問一般にもあてはまる問題構成の主要な要素としては,

1 「問い」があること。

2 研究対象がはっきりしていること。
   ここでは,地域的特色,別の言葉で言えば特異な固有性をもつ対象と,「問い」の一般性がどう結び付けられるかどうかが研究の成否をかぎを握っています。

3 関連対象を選択すること。
   どのような文脈の中で,研究対象を扱うか,特異な固有性を際立たせるために,あるいは,一般性も発見していくために,対象をさまざまなものと関連させていくことが求められます。

4 問題意識を反映した方法論をもつこと。
   研究成果を形にするときに,ただの主観的な記述ではなく,一般化が可能な方向に開いていく方法が,「知の行為」の基本となります。そのためにも,「自らを知る」ことも大切な作業です。

5 双方向的な「出会い」を意識する「主体」を確立すること。

 フィールドワークによる筋力強化を図っていく上で,このような様々なメニューを想定していくことで,「フィールドワークのためのフィールドワーク」「研究のための研究」「勉強のための勉強」に陥らずにすみます。

 目的意識をはっきりともった学習ほど,その効果が高いものはありません。

 そして調査の対象は特殊なものであったとしても,その目的意識に一般性があり,表現のうえでも「地図で表す」など,他の人が見てもわかりやすい=一般性が高い方法をとることで,「知の力」を実感することができるようになるのです。

 といって一般的なことを聞くより,実際のエピソードを聞く方が,まだフィールドワークに親しんだ経験がない人には分かりやすいかもしれません。

 次回はそんな話題をご紹介します。
スポンサーサイト
テーマ:学習
ジャンル:学校・教育
胃と頭の関係
 日経ビジネス3月23日号「熱血Dr.の診療日記」に,「胃が弱まると頭脳も働かず」という記事がありました。

 頭脳を鍛えるのはいいが,体のコンディションを悪くしては元も子もない・・・というのはよくわかりますが,たとえば「胃と頭=脳には密接な関係があること」を意識できている人はどのくらいいるでしょうか。

 記事では,胃の運動には「食事の運動」だけでなく,「空腹時の運動」という大事なものがあり,その時間を確保しないと胃もたれなどの症状が出てくることがわかりやすく書いてありました。

 空腹時の運動とは,午前0時から朝方までの空腹時に,胃の上部が強く収縮して食べ物の残りカスや脱落した胃の細胞を一気に胃の外に押し流すためのものだそうです。

 夜おそくに「夜食」などといって食事を与えてしまって,この「胃の掃除」の時間を確保せず,子どもの体調を崩してしまった親はいないでしょうか。

 記事では朝食に向く食べ物なども紹介されていました。

 子どもの学力向上には,ただの食育だけでなく,このような体のはたらきに関する知識が大人にとっても必要であることがわかりました。
テーマ:学習
ジャンル:学校・教育
「知・徳・体」強化の「筋肉理論」
 人間は,の3つをバランスよく鍛えることが理想とされています。

 この三つのどれに最も重きをおくかは,その人の人間観,教える人ならその人の教育観に深くかかわってきます。

 生きていく中で,必ずどれかの「壁」に阻まれ,前進することができなくなるときが訪れます。

 たとえば,「老化」という「」の衰えは,必ず時間とともにやってきます。

 病気がちな人は,「体」をもっと鍛えておけばよかった,と嘆くことになるかもしれませんが,「心」を鍛えておけば,そのつらさにも耐えることができるでしょう。

 学校教育について言うと,いじめや自殺がクローズアップされれば,「心の教育」の充実が叫ばれ,学力低下が注目されれば「学力向上」への取り組みが強く求められます。
 
 このブログでは,学習者としてこの問題を見る上で,「筋肉理論」で心・体・頭を鍛える方法について考えてみます。

 よくスポーツ選手は,「脳みそまで筋肉でできている」と自称(自傷?)したり,からかわれたりします。

 「パワーはあるけど知恵がない」ことを皮肉っている表現でしょう。

 しかし,この表現から,「脳みそ」=「」=「知力」も筋肉を強くするようなイメージで,強化できるのではないか,と想像してみることにします。また,「」のパワーも,「筋力」にたとえてみます。

 今までの学校教育では,体力はもちろんですが,心の「筋肉」をつけることには比較的力を入れてきたように思います。(両者を最も効率よく鍛えてくれるのが部活動でしょうか)
 
 心の筋肉は,自分自身や友達などとの葛藤を通じて,ときに乳酸がたまって疲労を感じたり,激しい運動で痛みを覚えることはあっても,決して切れることはなく,だんだんと太くなっていく,そのように「育つ」イメージはありました。

 ただ,葛藤を避けたり,みんながみんな他人の顔色ばかりうかがっていると,摩擦はなく痛みも感じない代わりに,筋力はつかないか衰えていくように思えてきます。

 トレーニング→休息→トレーニングというサイクルを,自分でコントロールできるようであれば,心はどんどんたくましくなっていき,そのコントロールができないと,疲れすぎて動けなくなったり,筋力がつかないで圧力への抵抗力が不足してしまったりするのでしょう。

 そもそも,「筋肉」自体には「感情」はないと考えます。

 「心の筋肉」でも,「筋肉」が「」を強くすることはあっても,あらかじめ強い「心」はない。
 
 「」が安定して強そうに見えるのは,周りの手厚い保護があっての賜物で,一歩その保護圏から足を踏み出すと,とたんに不安定になってしまう

 栄養が行き届いている体でも,自ら動かないと,筋肉は成長しません

 「知の筋肉」と言ったときにも,イメージとしては,遺伝でもとから優秀な「知」はない

 「筋肉」を効果的に動かすことによって,「知的」になっていく。

 今までの学校教育では,もしかすると,この知の筋肉の強化がおろそかだったのではないか,という反省があります。

 教育の側から見ると, 「筋肉」への栄養分ばかり補給しようとしていて,肝心の運動が欠けていた

 中には必要のない脂肪ばかりが筋肉を圧迫し,動くこともままならない,そんな状況になってしまった。
 
 昔から言う「頭でっかち」というのは,知的筋肉質ではなく,ただの脂肪太り知的肥満体であることを指しているのです。

 「詰め込み教育」というのは,北京ダックのようなイメージでしょうか。
 
 体力をつけるのならば当然のこと,心の筋肉にしろ,知の筋肉にしろ,じっとしていては,決して強くはなりません

 運動が欠かせないのです。

 しかし,時間は無限にあるわけではないので,効率的な運動,トレーニングが必要になります。

 よい教師=トレーナーが近くにいればいいのですが,このブログでは「学習者」として心がけることが可能な内容を考えてみたいと思います。

 なお,新しい学習指導要領では,この「知の運動」,「知の筋力強化」を「活用・探究」というキーワードでとらえようとしています。

 では,「知の筋力強化」をはたすための運動とは,具体的にどんなものなのでしょうか。

 今から15年前に出版された「知の技法」(東京大学出版会)という本があります。

 東京大学教養学部の文科系1年生を対象に設けられている必修科目「基礎演習」~まさに「知の筋肉」の鍛え方,運動の方法を学ぶための授業~のために編集されたものです。 

 このテキストの内容から,「知の筋肉」とはどのようなものか,「知の筋力強化」の方法とは何かをピックアップしてみたいと思います。
テーマ:学習
ジャンル:学校・教育
新しい学習環境の創造
 教育失敗学の方の記事で書いた内容ですが,「学習環境創造」という観点で見ることができる内容なので,こちらでもポイントをご紹介します。

 多くの小学校では,子どもの作品やら何やらが教室の壁を覆い尽くすように貼られていませんか。

 私としては,子どもの作品やテストのプリントなどは,しっかりファイルに整理させるか,ポートフォリオとしてコンパクトな形で保存していくことをお薦めしたいのです。

 もし教室を一から設計できるとしたら,正面と壁面には,授業で子どもが活用できる黒板(あるいはホワイトボード)を設置します。ロッカーが廊下に設置できるのであれば,窓以外はすべて黒板でもかまいません。

 教師が黒板に「教える」ことを書き,子どもはそれをノートに「書く(写す)」,そういう「普通の授業」スタイルを変えるのです。

 私のイメージでは,今まで教師が黒板を使って説明していたようなものはすべて,プロジェクターか大画面テレビで示し,黒板やホワイトボードは,子どもが自分の考えなどを書いて表現する場所として機能させることを期待したいのです。

 たとえば,たくさん意見が出されそうな発問に対して,口頭での発表をさせるとしたら,一度に一人にしか発言させられませんが,黒板に書かせるのであれば,スペースが許す範囲で大勢の子どもが一斉に自分の考えを表現することができるわけです。将来的にはそこに書かれた文字はそのままパソコン上で示され,プリントアウトできるようになるでしょう。

 算数などでは,到達度などに応じて,教室を3~4のグループに分けて,教師役=発表者の子どもがそれぞれ黒板を使っての表現活動ができるわけです。

 授業が始まるまでは教室の壁面は真っ白で,授業が終わると,壁面が学習の成果で埋まって真っ黒になっている,そんな学習環境を理想としているのです。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村
テーマ:学習
ジャンル:学校・教育
概念を理解する方法
 これを読んでいる人の中で,将来,弁護士とか裁判官になろうと思っている人はいますか?

 そういう人は,法律の勉強をすることになるのでしょうが,ある方に言わせると,法律用語は「外国語」だと思った方がよい,とのことです。

 そもそも明治期にヨーロッパの法律をごそっと輸入したため,翻訳語としての法律用語が,どうしてもその文字からだけでは概念がイメージしにくいものになっている。

 たとえば,民事訴訟法の「弁論主義」。

 その言葉だけからすると,法律の専門家ではない私などは,原告と被告がしっかり自分の意見を述べることが大事だというようなイメージしかもてませんが,実際には,「資料(事実と証拠)の収集や提出(主張)を当事者の権限および責任とする建前のこと」だそうです。

 わかりやすく言うと,当事者が述べたことのみが判決を下す判断材料になるということです。

 このような,文字からだけではそれが示す概念が分かりにくいものを理解するときに大切なことは,それを示している具体例を知ることと,その反対の概念似たような概念を示す言葉を知ることです。

 「弁論主義」の反対の概念は「職権主義」あるいは「職権探知主義」です。

 この「職権」とは,司法(あるいは行政)の側の職務や権限という意味です。

 「職権探知主義」の反対の概念,「弁論主義」と同じような概念には,「当事者主義」があります。 

 素人的には,「当事者の弁論主義」という言葉があった方が,わかりやすくなるのでしょうが。

 複雑な概念などを理解していく上で,上記の3点は効果的な学習法にあたるのでしょう。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村
テーマ:学習
ジャンル:学校・教育
レポートの作成 べからず集・一般的な書き方
 教育失敗学ブログの方で、レポートが書けない大学教師の嘆き、というものを紹介しました。

 以下、レポートでやってはいけない、「べからず集」です。

1 綴じないで提出

2 名前や所属を書かないで提出

3 参考文献を書かない

4 結論がない(内容がない)

5 調べたことと考えたことが分けられていない
 (何かの丸写しと区別がつかない)

6 書けないことの言い訳ばかり書く


 新教育課程になると、たとえば中学校の社会科地理的分野で、このような「レポートの書き方」の指導を受けることになります。

  ☆☆☆レポートの一般的な構成例☆☆☆

1) 調査の動機:なぜ、この主題を選んだのか。どんなことに興味や関心、疑問をもったのかを書く。

2) 調査の目的:この調査で何を知りたいのか、分かりたいのかを書く。

3) 調査の方法:いつ、どこで、どんな方法で何を調べていくのかを書く。

4) 調査の内容と結果の考察:調べて分かったことを調査前の予想と比べたり自分の解釈を加えたりして論述するとともに、図表や写真、地図などを入れて具体的にまとめる。

5) 感想や今後の課題:調べて分かったことに対して、どんなことを感じたかを記述するとともに、もっと深めてみたい内容をまとめる。

6) 参考資料など:調査に用いたり、参考にしたりした書籍名などを記す。

 レポートの作成に当たって大切な留意点は、以下のとおりです。
1 事実と自分自身が考えたり解釈したりしたこととをはっきり分けて書く
2 そのように判断した根拠を示してまとめる
3 図や表を使ったり地図上に表現したりする
4 要点を自分の言葉で簡潔にまとめる

 調べた内容について説明するのに、「自分の言葉」という実感をもてる言葉で説明しきれるかどうかはわかりませんが、「話すように書く」ことがコツでしょう。
テーマ:学習
ジャンル:学校・教育
先輩に学ぼう!得点力UP法2
 こちらで紹介しているテスト勉強の方法は、歴史が苦手で仕方がなかった→何とか得点UPをはかることができた・・・という人のものです。確認まで。

 ・・・・・Dさん・・・・・・
 まず、授業で分からないことが多くてかなり焦ったので、前よりたくさん勉強しました。
 授業も「分からない」と感じたときは、先生が言ったことを、頭の中で繰り返していました
 これは、歴史に限らないことで、分からないときはよくやります。集中力がもたないときもありますが、理解は普通に聞くよりしやすいと思います。(後略・・歴史の流れのつかみ方について)

 ・・・・・Eさん・・・・・・
 まず教科書を何度も自分で理解できるまで読みました
 それで、だいたいの流れをつかんで、もう流れを理解している人に、確認しました
 違うところは違うと教えてもらい、その場で整理しておき、流れを紙に書いてみたり・・・。
 隣の人にもお世話になって、本当に感謝です。
 今までの自分は細かい言葉ばかり覚えていて、流れをつかめてなくて・・・ともかくおおまかな内容を覚えてそれプラス細かいことを覚えておけばいいと思います。
 でもやっぱり一番は先生の話をよく聞くことです。

 ・・・・・Fさん・・・・・・
 私は、一言で勉強法といっても、それぞれ人に合った方法があると思います。だから私がここに書くものも、参考になって合う人もいれば、別の勉強法が合う人もいると思います。
 私の勉強法で一番中心になったことは、授業をとにかくよく聞き、いらない紙に先生が板書していないことも大事だと思うことはすべてメモして、後から復習すること。復習しなければ定着できないから、復習するときに流れがつかめるようにまとめること。
 慣れないうちは大変かもしれないけど、授業を受けるにつれ復習するときにわかる自分がうれしくなるし、勉強が楽しくなるのでトライする価値あり!
 次に私が大切だと思うことは、わからないことをわからないままにしないこと。すぐ先生に聞きに行く。
 最後に一つ、今回、点数が上がった一番のポイントは、「常に疑問をもつこと」。そして、疑問をもって終わりではなく、インターネット、先生、参考書を活用して、疑問を解決すること。
 何しろ、楽しくなることが一番です。ぜひ参考にしてください。

 「中学受験必勝の極意」をうたい文句にした本の著者も、「成績優秀者の勉強法を必死にまねしようとしたのは失敗だった」「自分に合う勉強法さえ見つかれば、頭の良い人にも勝てる」という趣旨のことを述べています。

 いろいろな方法を試してみる粘り強さが、得点力向上には必要なのですね。
テーマ:学習
ジャンル:学校・教育
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。