スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先輩に学ぼう!得点力UP法
 次にご紹介するものは、中学校2年生の社会科(歴史)の定期考査で、過去3回の平均をかなり上回る結果を残せた=苦手を克服することができた生徒の「勉強法」(授業評価アンケートより)です。

 参考にできそうな得点力UPの方法はあるでしょうか?

・・・・・Aさん・・・・・・

 私は、今まで歴史の勉強をするのがとても嫌いだったし、暗記をすることは苦手ではないけれど、やっぱり苦痛だった。でも私は、先生に歴史を習うようになって「理由や背景」を考えるようになり、どんどん楽しくなってきた

 テストの点数が悪かったとき、先生は出来たところについてはすごくほめてくれたし、できなかったところもなぜできなかったのか?など、結果だけをみるのではなく、私の勉強の過程をみてくれたのでとてもうれしかった。

 よく考えてみると、私が高い得点をとったときは、役に立つ資料が配られたときだった。日本と世界を比べることで学ぶことも多かったし、すごく楽しくなると思う。

 だから、1年を通してわかったことは、歴史を勉強するときはいろいろな視点から見た方がわかりやすいし、よく覚えることができると思う。

・・・・・Bさん・・・・・・

 今までは、授業中にノートをとるのに必死だったのを、話を聞くことを中心に変えて、板書よりも、気付いたことをメモするといったことに変えた。
 
 家庭学習では教科書とノートを見比べて、重複しているところは目立つように、足りないところは書き加えて・・・とまとめノートを作った。

 やはり、どれだけ市販の問題集を解いても、授業をしっかり聞くことにはかなわないと思う。

 歴史は物語のようなものなので、聞いていると楽しいし、意外とずっと頭に残っているものです。

・・・・・Cさん・・・・・・

 先生の書いた(黒板の)図を書かないこと。

 先生の書いた図は良くまとまっているとは思うが、自分なりにもう一度まとめて、自分の図を書いたり、先生の図を言葉にして表したりもした。そうした方が・・・何というか分かりやすい。

 他には、友達と説明しあうこと。まわりに質問してくれる友達がいるからなのだが、その友達に説明することで、理解しているかどうかがわかるし、新しい疑問ができたりもした。

 (テストでは、資料から分かることを書くだけではなく、資料を見て浮かんが疑問を書く問題も出題されます。また、資料からは分からないことを書くというものも・・・。)

 得点がUPするきっかけは、人それぞれということでしょうか・・・?
スポンサーサイト
テーマ:学習
ジャンル:学校・教育
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。