スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
成功を生む「習慣」の意識化
 資格試験などに合格している人たちの、メンタル面を除く「学習法」や学習の習慣としては、以下のようなものがよく紹介されています。

○最初は全体把握から。細部にこだわるのは後回し。
○思いついたこと、わかったことをこまめにメモする。
○毎日決まった時間と場所で一定時間学習する。
○場所や時間にこだわらず、いつでもどこでも学習できる。
○隙間の時間にもこまめに学習を繰り返す。

 すべて真似ができなければ合格できない、というわけではないでしょうが、学習のコツとは、結局、コツコツと積み重ねること、それに尽きると言えそうです。

 「全体把握」練習は、たとえば図書館で無作為に選んだ本を速読して、その要旨をつかむとか、教科書の予習としてそのような読み方をするとか、「目次」で構造を見通してみるとか、そういう方法が頭に浮かんでいます。

 メモについては、教科ごとのノートには、必ず自由記述スペースを設けておいて、いつのタイミングでも書き込めるようにしておくとか、大きめの付箋をいつも読みかけの本や教科書、ノートに2~3枚はっておくなどの方法が考えられます。

 教室移動のない10分休みは予習や復習に時間をかけるとか、学校の行き帰りで、どの家の前から校門に入るまでは、新しい漢字や英単語を10歩に1個の割合で見て覚えるなど、もしオリジナルでおもしろい時間の使い方が工夫できれば、苦にならずに続けられて、「習慣化」することに成功するでしょう。

 まず、「習慣化」することを「意識化」してみて、できそうなことから試してみることをおすすめします。
スポンサーサイト
テーマ:学習
ジャンル:学校・教育
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。