スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
論拠をもつくせを
 教育論には、「論拠」がないものがたくさんあります。

 それは、「論拠」よりも「感覚」「実感」を重視する国民性がもたらしているもので、過去にも、経験が科学と対立したときに、経験の方が正しかったことが証明されている(参考:日清戦争のとき、脚気の予防に「白米」を食べさせ続けた陸軍の失敗事例)ものがあることから、「根拠」「論拠」に重きをおかないというよりも、「感覚」「実感」を大切にしようとすることについては、異論があるわけではありません。

 「感覚」「実感」を大切にするという伝統は、「論拠」「根拠」でわりきってしまおうとすると、人間関係がぎくしゃくしたり、将来の希望が失われたりと、マイナスの効果が大きい面もあるために、その予防やストレス回避・軽減のための智慧として受け継がれてきているものと考えることもできます。

 だからといって、「根拠」「論拠」を軽視してよいというわけではありません

 たとえば、「詰め込み式の勉強はよくない」という「学習観」があります。

 厳密に何をもって「詰め込み式」というのかもはっきりしませんが、ニュアンスとしては、動物に芸をしこむように、意味も意義も感じさせず、餌(報酬)のためにひたすら言われたこと、書かれたことを覚えるような学習、というものが最悪の「詰め込み式」学習でしょう。

 しかし、いわゆる一斉授業ドリル形式の学習塾で問題をひたすらといていく学習が、はたして「詰め込み式」学習なのか、また、「詰め込み式」学習であるとしても、それが「悪い」学習法なのか、ということについては、疑問符がつけられます。
 
 「新しい学力観」が生まれるずっと前から、「講義形式の授業」はよく批判対象になっていました。

 「独演会」ならぬ「毒演会」だと。

 しかし、それは学習者の立場から考えると、学習者の姿勢自体で、いくらでも有効な学習手段として使うことが可能になるはずなのです。

 指導法の課題と、学習法の課題は完全に一致することではありません。

 そのあたりを明確に区別しないで、どちらかだけを問題にして、だから~もだめなんだ、という結論づけはよくないでしょう。

 では、課題のある授業しかできない教師に教わっている学習者は、どんなことに留意して学習を勧めていけばよいのか、考えていこうと思います。

ランキングはこちらをクリック!
 
スポンサーサイト
テーマ:学習
ジャンル:学校・教育
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。